toggle

コンセプト

大切にしていること

natural marche HareBareは、無農薬・有機栽培などの農産物を販売する八百屋カフェです。旬のものを食べて、季節を感じる。そのおいしさを共有し、食のたのしさをお届けいたします。わたしたちと同じように、お野菜やお米にも育った地域や作り手がいます。いつも農家さんとは電話でやりとりし、近隣の農家さんとは配達や畑で顔を合わせて、農業の話から普段の生活の話までおしゃべり。誰がどこでどんな風につくっているのか、作り手の想い、人との繋がりを大切にしています。

有機肥料屋が運営する八百屋

HareBareは、有機肥料屋「大和肥料」が運営しています。大和肥料は、創業から60年以上続く老舗肥料製造会社。主に循環可能な有機発酵肥料をつくり、誰もが有機農業に取り組めるような有機農業技術を日々研究開発しています。

【 大和肥料ウェブサイト http://www.daiwa-ism.com/

HareBareのはじまり

HareBareのはじまりは、肥料屋として各地の畑を巡り、たくさんの農家さんとおいしい農産物に出会ったことです。食べるひとのことを考え、丁寧につくる作り手の想い、そのおいしい農産物をみんなにも食べてもらいたい、有機農業を伝えていきたいという思いがきっかけでHareBareが生まれました。肥料屋だからこそ、栽培の相談や届いた農産物の状態を見て対策のアドバイスなど農家さんと一緒に土づくり、有機農業に取り組んでいます。2009年から宅配野菜や週末マルシェを始め、2018年に元社員寮をリノベーションし現在の店舗に拡大・移転しました。農産物のほかに無添加の調味料や環境にやさしい生活雑貨を扱い、八百屋ならではのお野菜たっぷりのランチやスムージーなどを提供するカフェスペースも併設しています。

食べものはすべて土からできている。地球と自然を大切に心豊かな社会や暮らしを目指しています。